次世代インターネット活用事業研究会

井門 俊治

異能vationネットワーク参加への思い

当異能vationネットワークの目的
最新のAI+IoTデバイスを使いこなそう!AIoTプログラミング体験
ビジョンとゴール
lプログラミングの基本を学んでSTEMに興味関心を持った青少年、シニアを主体に、最新のAIとIoTデバイスを使ったプログラミングを体験する場を提供する。l地域におけるSDGsの目標4「質の高い教育をみんなに」、目標5「ジェンダー平等を実現しよう」の達成を目指して、最新の質の高い技術教育の提供に取り組む。

井門 俊治

次世代インターネット活用事業研究会

<ネットワーク拠点の特徴>

PC、ラズベリーパイを用いて、スクラッチ、Pythonのプログラミング教室を実施している。対象は、埼玉県、長野県、東京都の小学生から高校生、およびアクティブシニア。
プログラミングの基礎を学んだあとは、グラフィックス、電子回路制御へと発展させている。初級レベルではアルゴリズムの仕組みを理解するためにスクラッチを利用しているが、中級編ではPythonを用いている。実際に、プログラミングに興味を持った青少年は、Pythonの機能に大きな関心を抱いている。

<開催予定所在地>

(1)埼玉県深谷市及び近隣 (2)長野県上田市および坂城町 (3)埼玉県熊谷市 (4)埼玉県嵐山町 (5)東京都新宿区

問い合わせ 
メールにて:shunji.ido@gmail.com
問い合わせ用担当者名 
井門 俊治

2023年度『ジェネレーションアワード』応募受付中